軽微な工事

 建設業法では、軽微な工事ついて以下のような工事を規定しています。

   ① 建築一式工事の場合は、下記の何れかに該当する工事。

      ・請負代金が1,500万円(税込)未満の工事。

      ・請負金額によらず、木造建築で、延床面積が150㎡未満の工事。

   ② 建築一式工事以外の工事の場合は、請負代金が500万円(税込)未満の工事。


 請け負おうとする工事が上記の工事に該当する場合は、建設業の許可を受けずに請け負うことが可能です。
 つまり、軽微な工事に該当する工事のみを請け負おうとするなら、建設業の許可は不要と言えます。

 ただし、公共工事を直接受注しようとする場合については、軽微な工事に該当する場合でも建設業の許可が必要です。

 具体的には、
    建設業許可を取得 ⇒ 経営事項の審査を受審 ⇒ 入札参加資格確認請求の申請
という手続きをすべて行う必要があり、これは『軽微な工事に該当する公共工事』であっても同様です。

 また、近年では、下請として軽微な工事だけを行う場合でも、元請業者や発注者の意向により『許可を受けた
建設業者でなければ、工事を発注しない』とする傾向が強くなっております。

 軽微な工事のみを行おうとする場合でも、建設業の許可を受けている方が有利であると言えそうです。

戻る