遺言書作成のサポート                             遺言書の基礎知識

 当事務所では、遺言書の作成をサポートする以下の業務を取り扱っております。
  ● 自筆証書遺言の原文起案。                       … 3万円程度 ~
  ● 自筆証書遺言の添削                          … 1万円 ~
  ● 秘密証書遺言のサポート(原文起案、遺言文代筆、及び公証人との交渉)  … 4万円程度 ~
  ● 公正証書遺言のサポート(原文起案、及び公証人との交渉)        … 5万円程度 ~
  ● 公正証書作成時の証人引受(遠隔地の場合、交通費や日当も発生します)  … 1万円 ~
  ● 遺言書作成のための資料収集(資料収集のみを単独で承った場合)     … 2万円程度 ~
  ● 死因贈与契約締結のサポート(公正証書化することをお勧めします)    … 5万円程度 ~

 上記の報酬額(税別)は標準的な額であり、業務の内容により増減する場合があります。
 また、当事務所からお客様への郵送料は当事務所で負担いたしますが、戸籍等の資料収集の際に発生する
実費や公正証書作成費用は、別途お客様に請求させていただきます。

 尚、行政書士には行政書士法により守秘義務が課せられております。
 業務上知り得た秘密を漏らすことは決してございませんので、安心してご相談ください。

お申し込みの方法(遺言書の添削をする場合)

 ① 電話、FAX、またはメールにて、遺言書添削のお申し込みをして下さい。
   その際、お客様の都合のよい日時や場所等をお伺いいたします。
     当事務所の営業日や営業時間外でもOKですので、ご都合のよろしい日時をお知らせください。

 ② ご都合のよい日に、当事務所、またはお客様の指定場所で、添削を行う遺言書をお預かり致します。
   その際、添削に係る最低料金代金1万円を申し受けます。

 ③ お預かりした遺言書を検討し、添削内容を検討させていただきます。
   超過料金の無い場合は、お預かりした遺言書と添削後の遺言書(ワープロ書きです)をお客様に送付いたします。
   超過料金のある場合は、超過料金について請求させていただきます。

 ④ 超過料金について納得頂けた場合は、請求額について指定口座にお振り込みください。
   お預かりした遺言書と添削後の遺言書(ワープロ書きです)をお客様に送付いたします。

   また、請求額にご納得頂けない場合はその旨ご連絡ください。
   その場合は、受領済みの料金はお返しできませんが、お預かりした遺言書は送付させていただきます。

 ⑤ お客様においては、添削後の遺言書を元に自筆証書遺言等を作成してください。

お申し込みの方法(遺言書を作成する場合)

 ① 電話、FAX、またはメールにて、遺言書作成サポートのお申し込みをして下さい。
   その際、お客様の都合のよい日時や場所等をお伺いいたします。
   当事務所の営業日や営業時間外でもOKですので、ご都合のよろしい日時をお知らせください。

 ② ご都合のよい日に、当事務所、またはお客様の指定場所で相談をお受けいたします。

 ③ 相談内容から報酬額の算出をし、見積もりを提示させていただきます。
   料金にご納得の上、当事務所へのご依頼を決定してください。
   尚、料金又は着手金の入金をもって、正式なご依頼のあったものとさせて頂いております。

 ④ 料金、または着手金のご入金を確認後、資料収集及び遺言書作成の業務を開始させていただきます。

 ⑤ 遺言書の内容が確定したら、料金残額及び確定後の実費についてについて請求させていただきます。

 ⑥ 料金のお支払いを確認後、
   自筆証書の場合      : 自筆証書遺言の原文の引き渡し
   公正証書、秘密証書の場合 : 公証役場における遺言書作成日の調製
   を行います。

 ⑦ 公正証書作成日に、遺言者と共に公証役場に出向き、遺言作成手続を行います。
   この時、公証役場費用は、お客様自身でお支払い願います。