遺言書の基礎知識 - 秘密証書遺言

 秘密証書遺言は、遺言者が公証人及び証人の面前で、封筒に入った書面(封筒には封印済みです)を示し、自ら
の遺言であること、及び書面を書いた者の氏名と住所を申述することで行われる遺言です。

 公証人は封筒に遺言者の申述内容を記載し、公証人及び証人2名が封筒に署名押印することで、封筒の中身が
遺言者の遺言であることを担保します。

 封筒の内容が遺言者の遺言であることが明確なため、書面そのものは代筆やワープロでもOKです。
 また公証人費用も公正証書遺言より安価であるため、高齢等の理由により思うように文章を書けなくなった場
合でも、比較的気軽に作成できる遺言書です。

 ただし、秘密証書遺言としての要件に外れていた場合、書面自体も代筆やワープロだと、遺言書そのものが無
効となってしまいますので、自筆が可能な場合には、書面そのものも自筆証書遺言としての要件を満足する形で
作成すべきと考えます。

 また、この方法は、公証人が関与しているにも係わらず、
   ● 内容の不備により遺言書が無効となる可能性がある。
   ● 原本が保管されないため、紛失等のリスクがある。
   ● 権威の手続が必要であり、相続人の負担が大きい。
といったデメリットがあり、公証人の関与する意味合いが薄い遺言の方法です。
 自筆が困難な方が、比較的安価に遺言を書きたいという場合でなければ、利用するメリットは薄いものと考え
ます。


 次は、「公正証書遺言」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む