遺言書の基礎知識 - 自筆証書遺言の訂正方法

 自筆証書遺言に対する加除訂正をするには、以下の手順によらなければなりません。
 この手順によらない場合は、訂正が無効となり、訂正前の文言が有効となります。

 ① 訂正個所を2本の線で削除し、変更後の文言を記入する。
     訂正場所を黒塗りする。修正液で白塗りする。砂消しゴム等で消去する。といった方法での削除は、
    訂正前の文言が読めなくなるため、訂正が無効となるだけでなく、訂正前も有効となりませんので遺言
    自体が無効となります。

 ② 変更部分に押印をする。
     ここで使用するハンコについては、遺言書の氏名の場所に押印したものと同じものを使用しなければ
    ならないとする説と、必ずしも同じハンコを使用しなくても良いとする説の両方があります。

     余白の広さを考慮すれば、訂正印等の小型のハンコを使用したいところですが、他者による遺言の改
    ざんを疑われる要因となるため、同じ印を使用した方が良いと考えます。

 ③ 変更箇所の近くの余白、又は遺言書の最後に、どのような訂正をしたかを記載する。
     訂正内容の記載としては、具体的に記すこともOKですが、「2文字削除 3文字追加 」等の文字数
    の増減を記載するだけでもOKです。
     遺言書の最後に記載する場合は、何行目の訂正かも忘れずに記載してください。

 ④ 訂正内容を記入した後、記入部分に署名する。
     訂正内容を記載した部分に、遺言者が署名してください。

 尚、あまりに訂正が多く、遺言の内容をよく判読できないような場合には、新しく別の遺言書を作成すること
をお勧めします。


 次は、「秘密証書遺言」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む