遺言書の基礎知識 - 特定遺贈と包括遺贈

 遺贈は、遺産の処分方法の一つですが、更に包括遺贈と特定遺贈の二つに分類されます。
   包括遺贈 : 相続分の指定のように、全財産に対する割合として指定された遺贈。
         全財産を遺贈という場合も、包括遺贈となります。
   特定遺贈 : 特定の財産を指定して行われた遺贈。

 包括遺贈を受けた相続人は、その遺贈を受けた割合に応じ、他の共同相続人と同様の権利義務を有することに
なりますが、特定遺贈を受けた受遺者は単にその財産の所有権を取得し、その他の権利義務は生じません。
 このため、包括遺贈と特定遺贈では以下のような違いが発生します。

 ① 遺産分割協議に対する対応
    包括遺贈 : 受遺者は、遺産分割協議に参加する。
    特定遺贈 : 受遺者は、遺産分割協議には参加しない。

 ② 遺言者に多額の債務があった場合の対応。
    包括遺贈 : 受遺者は、他の相続人と共同で債務を返済する義務を負う。
    特定遺贈 : 受遺者は、債務を返済する義務を負わない。

 ③ 遺贈の放棄。
    包括遺贈 : 受遺者は、裁判所にて遺贈の放棄の申立を行う。
    特定遺贈 : 受遺者は、相続人に対し、遺贈を放棄することを申し入れる。

 ④ 不動産取得税の扱い。
    包括遺贈 : 不動産取得税は発生しない。
    特定遺贈 : 不動産取得税が発生する。


 次は、「遺言書の種類」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む