相続の基礎知識 - 準確定申告

 準確定申告は、被相続人についての確定申告です。
 手続きも通常の確定申告とほとんど変わらず申告書も、通常の確定申告用のものが使用できます。

 被相続人が会社等に努めていた場合は、会社など雇用先でこの手続きを行うため相続人がする必要はありませ
んが、個人事業等を行っていた場合には相続人がこの手続きを行う必要があります。

 もちろん、所得税が発生するような所得が発生していない場合には、準確定申告も不要ですが、被相続人が
病院等で入院などをしており高額の医療費が発生している場合等税金の還付を受けられる場合もありますので、
面倒がらずに準確定申告をされることをお勧めいたします。

 尚、準確定申告は被相続人の死亡後4カ月以内又は翌年の確定申告時に行わなければなりません。
(死亡した時期により異なります)


  次は、「相続時精算課税制度の概要」です。

      前に戻る    目次に戻る   次に進む