相続の基礎知識 - 単純承認

 単純承認は、最も一般的な選択で、被相続人の財産は積極財産であっても消極財産であっても制限なく承継
します。

 そのため、あえて単純承認する旨の手続を取らなくても、自分に相続の開始されたことを知ってから3ヶ月
の期間放っておけば自動的に単純承認したこととなります。

 そのため、被相続人が家族に内緒で借金をしていた場合などで、気が付いた時には多額の借金を背負うことに
なっていたということも十分に起こりえますので、被相続人が事業などを行っていた場合は特に注意して遺産の
確認をし、単純承認してもよいかどうかを見極めてください。

 では、相続が開始してから3ヶ月何もしないでいた後に、被相続者に多額の借金があることが判明した場合は
どうすれば良いのでしょうか?

 通常の場合であれば、相続人は被相続人の借金について弁済しなければなりません。
 しかし、一定の要件に該当する場合であれば、その借金のあることを知った日より3ヶ月以内であれば相続を
放棄できる場合があります。

 思わぬ借金を背負いそうになった場合は、諦めずに相続放棄の申立をしてみることをお勧めいたします。

 尚、上記の一定の要件とは、以下の要件の両方に相当する場合です。
  ① 相続財産が全く存在しないと信じたために、相続遺放棄や限定承認を行わなかったこと。
  ② 相続財産が全くないと信じるに足る相当な理由があること。


  次は、「遺産分割協議」です。


      前に戻る     目次に戻る     次に進む