相続の基礎知識 - 限定承認

 遺産は相続したいが、借金は背負いたくない。
 限定承認はこのような場合に行う相続時の選択です。

 限定承認を行うと、被相続人に借金や保証人としての債務があっても、相続人は相続した遺産の範囲で
しか負債を相続しないで済むからです。

 遺産中にある程度の積極財産はあるが隠れた借金のあることが予想される場合や、被相続人が保証人や
連帯保証人になっているため、将来的に多額の負債を負う可能性がある場合は限定承認をした方が良い
でしょう。

 ただし、限定承認はすべての相続人が共同でしなければならず、一人でも同意しない者がいる場合は
限定承認をすることができません。(相続放棄をして相続人ではなくなった者は除きます)
 また、限定承認の手続きは非常に煩雑です。
 財産管理人を立て、すでに知れている債権者に催告するとともに限定承認が行われたことを公告します。
 その上で、公告期間(2ヶ月以上)内に名乗り出たすべての債権者に債務の弁済を行い剰余金があれば
これを相続できるという仕組みです。

 弁済の際は、不動産等の競売を行わなければならないこともあり、単純承認した場合に比べ遺産の総額が
目減りする可能性があります。
 更に、遺産中の不動産については、相続時に不動産の譲渡が行われたものとして扱われ、不動産譲渡税を
支払わなければなりません。
 以上のように限定承認は、多くの労力を要することに対し、得られる利益は極僅かという場合も多いため
あまり利用されない制度でもあります。
 どうしても相続したい財産がある場合でなければ、利用する価値はあまりないかもしれません。

  次は、「単純承認」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む