相続の基礎知識 - 相続放棄

 相続放棄とは、財産の相続をすべて放棄することです。
 現金・預貯金・不動産などの積極財産を相続することができなくなる代わりに、借金や保証人としての地位等
の消極財産についても相続の必要がなくなります。

 主に、被相続人の借金が多くこれを相続したくないときに行いますが、相続争いに巻き込まれたくない場合
にも相続放棄を選択する場合があります。

 相続放棄は、被相続人の住所を管轄する家庭裁判所で、相続放棄の申述をすることにより行います。
 また、相続放棄は各相続人が単独で行うことができ、他の相続人の承認等は不要です。

 一般的に、遺産分割協議の際に自分は遺産は不要であるとして遺産を受け取らないことについても相続放棄と
称する場合がありますが、こちらの場合の相続放棄は消極財産の相続を放棄できませんので注意が必要です。

遺産分割協議だけで相続放棄を行うと、財産は何も得ていないのに、借金だけは背負ってしまったという事態に
なる可能性もありますので、このような場合は念のため家庭裁判所でも相続放棄の手続きをされることをお勧め
します。

 ちなみに、相続放棄は自分相続の始まったことを知った日から3ヶ月以内にしなければなりません。
 3ヶ月以内に相続放棄や限定承認の申立てをしない場合、自動的に単純承認したことになります。

 この3ヶ月の期間を熟慮期間といいますが、被相続人の財産調査が十分でなく相続放棄や限定承認をすべきか
どうかの判断がつかない場合は、裁判所に申立てることで熟慮期間を延長することができます。

 単純承認か相続放棄か、あるいは限定承認かの選択についてもう少し期間がほしいという場合は、熟慮期間の
延長手続を取ってください。

 尚、相続放棄ができるのは相続人に限られます。
 被相続人の生存中にはもちろんのこと、被相続人が死亡している場合でも、自分より先順位の相続人がいるため
自分自身は相続人になっていない場合は、相続放棄をすることはできません。
 兄弟姉妹に多額の借金を残して亡くなった方がいても、被相続人の子供や両親が相続放棄をした後でなければ
相続放棄をすることができませんのでご注意ください。

  次は、「限定承認」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む