相続の基礎知識 - 遺産目録

 遺産目録には、被相続人の死亡時に有してた財産を記載します。

 預貯金であれば金融機関名、支店名、口座種類、口座番号を、土地であれば地番、地積、地目など
対象となる財産明確になるように記載し、更にそれら財産の価額や評価額等を記載します。
 上記の他にも、株式等の有価証券、骨董品・美術品等の財産、あるいは借金や保証人としての地位
等の負債についても記載します。

 遺言執行者が就任した際には、遺産目録を作成し全相続人交付しなければならないとされていますが、
その他の場合は、必ずしも作成しなければならないものではありません。

 しかし、遺産の目録を作成することで、遺産分割協議や相続税産出の資料とすることができ、更には
相続放棄や限定承認をすべきか単純承認してもよいかを判断する材料となりますので、面倒がらずに
作成されることをお勧めいたします。


  次は、「相続放棄」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む