相続の基礎知識 - 遺留分

 遺留分とは、法定相続人の有する遺産を受け取る権利のことです。
 また、遺留分についても、法定相続分と同様に誰が相続人となるかで以下のように変化します。
  配偶者だけの場合    : 全遺産の2分の1
  子供だけの場合     : 全遺産の2分の1
  両親だけの場合     : 全遺産の3分の1
  兄弟姉妹だけの場合   : なし
  配偶者と子供の場合   : 配偶者が4分の1、子供は4分の1を等分する。
  配偶者と両親の場合   : 配偶者が6分の1、両親は6分の1を等分する。
  配偶者と兄弟姉妹の場合 : 配偶者が2分の1、兄弟姉妹はなし。

 この場合も、非嫡出子は嫡出子の半分となります。

 ただし、法定相続人であっても相続人でない人には遺留分も発生しません。
 例えば、第1順位の相続人がいる場合は、第2順位以下の相続人には遺留分は発生せず、また第1順位の
相続人でも相続放棄や相続欠格等で相続人でなくなった場合には、遺留分も発生しません。

 この遺留分を侵害された場合は、遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)をすることで、侵害
された遺留分を取り戻すことが可能です。

 しかし、遺留分減殺請求は以下の期限内の内早期に到来した期限内に行わなければなりませんので、
ご注意ください。
  ● 遺留分の侵害された日(通常は遺言書の内容を知った日)から1年

  ● 相続が開始された日から10年


  次は、「相続手続きの流れ」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む