相続の基礎知識 - 遺産分割の方法

 遺産の分割は、次の何れかの方法で行います。

  ① 遺言書による分割
  ② 遺産分割協議による分割
  ③ 法定相続分による分割(裁判や調停による分割)

 上記は、遺産分割における優先順位の高い順で記載してあります。
 つまり、最も優先順位の高いのが① 遺言書、次に優先されるのが遺産分割協議、遺産分割協議が成立しない
場合が法定相続分による分割です。

 これは、遺産の処分に関しては実際の権利者であったほ相続人の意思が最も尊重され、次に受け取り手である
相続人の合意が尊重されるためで、法定相続分は遺産の分配を決める際の目安に過ぎないからです。

 法定相続分というと、法律で定められた権利のように聞こえますが、上記の理由により最も優先順位の低い
分割方法となっております。

 ところで、被相続人の配偶者や子供など一定の親族には、遺産について一定の割合を受け取る権利が認めら
れています。
 この権利を「遺留分」といい、この権利は遺言者の意思(遺言書)によっても侵害することはできません。

 遺言書等で遺留分の侵害が行われた場合でも、遺留分を侵害された相続人の請求があれば、侵害された遺留分
についてはその相続人に支払わなければなりません。

 次は、「法定相続分」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む