相続の基礎知識 - 相続人とは

 相続人とは、被相続人の財産や権利義務を承継する人のことですが、民法上は法定相続人とそれ以外の者に
分けられます。

 法定相続人とは、民法により被相続人の相続人となる権利を有していることが定められている人で、以下の
者たちのことを言います。

● 第1順位の相続人
  被相続人の子供のことです。
  被相続人とその配偶者の間に生まれた子供だけでなく、前の配偶者との子供、認知された子供、養子に迎えた
 子供、養子に出した子供等など、子供であればすべて含まれますが、認知されていない子供は相続人に含まれ
 ません。

  尚、子供の中に既に死亡している子供がいる場合は、その子供や孫などの直系の卑属で、被相続人にとっても
 直系の卑属である者が代襲できます。

● 第2順位の相続人
  被相続人の両親のことです。
  養子縁組により実親以外に養親がいる場合は、実親、養親ともに第2順位の相続人となります。
  また、両親とも死亡している場合は祖父母が、祖父母がすべて死亡している場合は曾祖父母がというように、
 被相続人の直系の尊属で同じ親等の者が代襲します。

  尚、第2順位の相続人は、第1順位の相続人が誰もいない場合に限り相続人となります。

● 第3順位の相続人
  被相続人の兄弟姉妹のことです。
  両親を同じくする兄弟姉妹だけでなく、片親だけを同じくする兄弟姉妹や、両親の養子縁組による
 兄弟姉妹も含まれます。

  兄弟姉妹の中に既に死亡している人がいる場合は、死亡した兄弟姉妹の子供までは代襲できますが、孫は
 代襲できません。

  尚、第3順位の相続人は、第1順位・第2順位の相続人が誰もいない場合に限り相続人となります。

● 配偶者
  配偶者は、常に相続人となりますが、順位はありません。
  上記の相続人がいれば、その相続人と同じ順位で、他の相続人が一人もいなければ単独で相続します。

 以上の法定相続人に相当する人が一人もいない場合、被相続人の財産は国庫に納められます。

 被相続人の、おじ・おば、いとこ、兄弟姉妹の孫などは、血縁的には近しいものがありますが相続人になれ
ませんので注意が必要です。

  次は、「遺産分割の方法」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む