相続の基礎知識 - 遺産とは

 遺産とは、被相続人が生前に有していた動産、不動産、その他一切の権利義務のことです。
 現金や預貯金のように相続すると財産が増えるもの(積極財産)と、借金や債務のように相続すると財産が
減るもの(消極財産)の2種類があります。

 積極財産としては
  現金、預貯金、土地・建物等の不動産、自動車・家財等の動産、賃借権・著作権・特許権等の権利、
  売掛金・社債・国債等の債権、株式や小切手等の有価証券
等があり、逆に消極財産としては
  借金、住宅ローン、買掛金等の債務、各種保証人のとしての地位
等があります。
 また、委任を除く各種の契約における当事者の地位も相続の対象となりますが、これが積極財産となるか
消極財産となるかは、契約の内容によります。

 ただし、以下のものは相続の対象とはなりません。

  ① 医師免許・弁護士資格等の資格
  ② 持分会社の社員としての地位
  ③ 法令により相続の対象とされていない営業の許可
  ④ 公営住宅の借家人としての地位
  ⑤ 死亡保険金や生命保険の受取金(被相続人以外のものが受取人に指定されている場合)
  ⑥ 墳墓・仏壇・司祭の道具等
  ⑦ 期限及び限度の額が特定されない、継続的信用保証人や身元保証人の地位
   ( アパート等の賃貸借契約における身元保証人は相続の対象です)

 尚、死亡保険金や生命保険の受取金は相続の対象ではありませんが、相続税については課税の対象となります。

 次は、「相続人とは」です。

      前に戻る     目次に戻る     次に進む